屋外の暑さ対策はどうすべき?熱中症の概要と対策法を雑に紹介

■はじめに
さて、本記事を投稿する2022年7月は例年にない暑さで世間を騒がせております。
外で仕事する方、遊ぶ方も対策なしというのは熱中症の危険性があるので何らかの対策を行いましょう。

近年にない猛暑ということで、スタッフぐでぐでは個人的に危機感を募らせております。
事前に予定していた内容とは別に急遽サクッと作成してみました。

 

 

■熱中症とは
高温多湿の環境にいるときに体内の調整機能が破綻して起きる障害の総称です。
症状はさまざまで、複数の症状が出ることもあります。
生命の危機に及ぶことがあるため決して軽く考えてはなりません。

症状分類は

第1段階(1度):めまい、失神。筋肉痛や大量の発汗に伴う筋肉の硬直。
第2段階(2度):頭痛や気分の不快。倦怠感、虚脱感、吐き気や嘔吐。
第3段階(3度):意識障害やけいれん。手足の運動障害、高体温。

となります。

本来、人間の体には37度前後の体温を保つ機能が備わっています。そのため、体温が上昇すると
体温調節により平熱を維持しようとする働きが出ます。(汗を流して体内の熱を逃すやつです)
しかし、汗が流れ出ることで体の水分が失われるだけでなく、血流の低下も引き起こします。
体の熱を放出できなくなり熱がたまってしまうのです。

その結果、筋肉や脳、内臓に十分な血液が行きわたらなくなり、上記に紹介した症状が出てきます。
熱中症が疑われるときは「涼しい場所へ移動する」「脱衣や冷却する」などの速やかな処置が大切
です。場合によっては医療機関への搬送も求められます。
自力で水分や塩分の補給ができない、水分や塩分を補給しても症状が回復しない場合も医療機関を
受診することが必要です。

続きを読む

おせち料理の選び方~何からどのように決めますか~

■皆様、ご機嫌麗しゅう

『スタッフぐでぐで』は元気に日々の生活を楽しく過ごしております。

昨年末及び新年の忙しい時期を乗り切り、今年の準備もいよいよ大詰めを迎えます。
※実は2月くらいから次の商戦に向かって準備をはじめていたりします

例年通り8月からおせち料理販売の予約受付を開始しますが、その準備は皆様が
思っているより早くから進めております。

いろんな締切があるのでそれに遅れることなく、万全の状態でお客様をお迎え
できるよう一生懸命頑張ります。

さて、本記事では『おせち料理の選び方~何からどのように決めますか~』
について解説していきます。

 

 

 

■どうやって決めるの?

次の8項目にわたって説明していきましょう。

なお、この決め方は『スタッフぐでぐで』の独自の解釈に基づきます。
こんな決め方があるんだなぁ~、と参考にいただければ幸いです。
1.実績あるショップを探す

2.おせちだけを食べるのか(おせち以外に食べるものは)

3.食べる人数(おおよそでOK)

4.誰と食べますか(食の喜びを分かちあう方)

5.どんなおせちを食べたい

6.ひらめきも大事(決める人は誰ですか)

7.それでも悩むものは悩む

8.最後に

続きを読む

おせち料理はいつ食べる?~実は地域で異なる食べ始め~

■はじめまして

昨年の寒い時期に入社した『スタッフぐでぐで』です。

会社に馴染んできたかと思えば、あっと言う間に半年が
経過して暑い夏が間もなくやってきます。

これから年末年始の繁忙時期に備えて、様々な準備を進めてまいります。
なお、この記事作成も『様々な準備』に含まれております。

続きを読む